住宅ローンとリフォームローン

Pocket

少子高齢化が急速に広がる中で、空き家の問題も同時に増えてきています。
空き家状態にしておくのは、土地の無駄遣いであり、税金の負担も増えますので、できるならリフォームして有効活用したいところです。
大手のハウスメーカーでは、そのような時代の流れを察知し、リフォームサロンというリフォーム専用のショールームを展開しています。

リフォームサロンでリフォームの検討、マンション投資などを始めることを考えたなら、住宅ローンを利用するようになります。
これとは別にリフォームに特化した、リフォームローンを提供している金融機関が増えてきていますので、両者を比較して適したものを選んでみましょう。
基本的には住宅ローンのほうが、融資額が高めに設定されており、審査が難しくなる可能性があります。
また、金融機関によっては、リフォームで住宅ローンが利用できなかったり、条件が難しいケースも存在します。
但し、中古物件を購入してリフォームまで行う場合には、リフォームローンとしても利用できる住宅ローンを選ぶほうが、お得になります。
リフォームローンには有担保と無担保のものが存在します。
無担保の場合は、金利が高くなる傾向にありますが、すぐに借入ができるメリットがあります。