最近の葬儀の傾向とは

Pocket

最近では、葬儀に対しても、いろいろな形式、傾向が見られるようになってきました。

これは、今までなかった傾向でもあり、一昔前や、少し前ならば考えられなかったような葬儀の行い方をしている方が、とても多く増えておられます。

理由としては、お子さんがいない場合や、お子さんと仲が悪い場合、または死後までもお子さんに迷惑をたくさんかけたくない、このような理由から、葬儀の行い方にも変化が出てきています。
例えば、自然葬という行い方もあり、この自然葬の場合には、自然に骨をうずめる、例えば好きだった土地、好きだった海などに、骨などをうずめてもらう、または流してもらう、このような形式の方法です。

その名前の通り、自然なものであり、死後は自然と一体となっていきたい、このような希望の方に好まれています。

または、家族葬という形式で、家族だけで葬儀を行う、このような方々もとても急増しています。

これは、葬儀がとても大変なことであるから、来てもらう方のことや、来てもらう人の時間、交通費などを配慮して、申し訳ないという気持ちから、家族葬を行う意向や、または亡くなった方のご希望で、家族だけで葬儀をしてほしい、という生前の依頼があったこと、などが理由としてあります。