派遣薬剤師生活を楽しむためには

Pocket

薬剤師の派遣の仕事は、派遣された場所で決められた時間に決められた仕事をするものです。
勤務先はいくつかありますが、特に多いのは調剤薬局です。
調剤薬局で働いた場合は、サービスの対象はそこで働いている正社員になります。
ほとんどの調剤薬局が人材が足りないために、薬剤師を外部から雇います。
特に大きな病院の薬を調剤している薬局の場合は人手が足りないことが多いので、派遣の薬剤師を雇用することが良くあります。

派遣なので特に忙しい時期だけの仕事になることもあります。
正社員ではないので、派遣先の薬局の複雑な人間関係に巻き込まれることは少ないです。
もし巻き込まれたとしても、中立な態度を取ることができます。
このタイプの薬剤師の仕事をするときは、気持ちの割り切り方が大切になります。
正社員のように考えずに、派遣先の正社員の薬剤師のために働いていると考えれば、楽しんで仕事をできるようになるでしょう。
どの職場でも人間関係は大変ですが、薬局の場合は細心の注意を払って働かないといけないので、人間関係の悪い職場だったら仕事がしにくい場合があります。
しかし派遣の薬剤師として働くなら、正社員にくらべて人間関係を気にする必要はありません。
ある時期が来たら、他の職場に移るのでやっかいな人間関係があっても、それから離れることができます。
それでも手を抜いて仕事をすることはできません。
自分のスキルを磨くために仕事に集中すれば、薬剤師として成長できます。