東京葬儀式の神式葬儀神葬祭の流れについて

Pocket

東京葬儀式では仏式の葬儀以外にも神式 葬儀の神葬祭も取り扱っています。
神道だと亡くなった人の霊魂は神様となって子孫を見守り、子孫繁栄を助けるという考えがあります。

神式 葬儀のことを神葬祭といいますが神社では行っていません。
仏式だと葬式一連の行事はお寺で行うことも出来ますが、神社ではお葬式は出来ません。

これは神道では死は穢れで合って忌み嫌われているためで、穢れとは不浄や不潔という意味ではなくて気が枯れた状態のことです。
親族が亡くなり悲しみに暮れているときは生命力も減っている状態です。

神道ははつらつとした生命力を重んじる宗教なので穢れを神聖な神社へ持ち込むことは出来ません。
そのため神式 葬儀は自宅や斎場を借りて行います。
穢れを祓って清めてから神になるのは亡くなった日から50日目に行う五十日祭です。
神葬祭の流れとして、儀式は帰幽奉告の儀から始まります。

人が亡くなることを帰幽といってご先祖様に故人の死を伝える儀式です。
それから納棺の儀、通夜祭りから身体から霊魂を移す儀式の遷霊祭となります。

神葬祭で最大の儀式は葬場祭で、神職によって祭詞が捧げられて故人の功績をたたえます。
それから玉串奉奠を行います。

その後に火葬祭と埋葬祭を行ってから、直会(なおらい)をして神葬祭の一連の儀式が終わります。
葬儀を終えたあとは忌日祭を行い、それから一年祭、三年祭と続きます。

東京葬儀式ではプランを提供していて、祭壇の大きさや会葬の人数や予算に合わせて選ぶことが出来ます。
一級葬祭ディレクターがサポートしてくれるので、不明なことがあっても直ぐに相談に応じてくれます。