葬儀社と斎場・火葬場について

Pocket

斎場は葬儀を行う場合の会場です。
以前は自宅で葬儀を執り行うことが多く見られましたが、現在は住宅事情等から自宅以外で葬儀を行う場合が多くなってきました。
落合斎場は火葬場に併設された施設と民間業者が斎場として建設した施設があります。
その他、寺院を葬儀会場とする場合もあります。
火葬場は公の機関が運営していますので、火葬場に併設されている斎場は公共施設となります。

都心近郊を中心に最近斎場建設が多く行われています。
それだけ需要があるということです。
葬儀社と提携していたり、葬儀社自ら建設している場合があります。
最近の葬儀形態も多種多様です。
一番簡便なものとして直葬があります。
直葬は通夜や告別式を行わないでご遺体を直接火葬場に搬入し、火葬する形態です。
火葬後簡単なお別れの式を行う場合もあります。
その他には一日葬があります。一日葬は、通夜を執り行わず、告別式と火葬を一日で行う形態です。
最近需要が多くなってきているのが家族葬です。

東京都板橋区にある民営斎場の戸田斎場は、ご遺族とごく近い近親者で通夜、告別式を行う形態です。
この形態であっても斎場を利用する方が増えています。
自宅で通夜、告別式を行うと室内の模様替えや様々な準備が必要になります。
しかし、会場利用であれば、すべて会場に揃っているのでゆっくりと故人を忍び弔うことができます。
その他には多くの会葬者を集めての一般的な通夜、告別式があります。
どのような形態の場合も各種手続きの代行や斎場手配のために多くの場合葬儀社に依頼することが多くなりました。