カーテンで節約!遮熱カーテンが電気代を安くする!

Pocket

住居の温度は、外部からの太陽光や輻射熱によって高まりやすくなるため、何らかの対策によって熱を遮断する必要があります。
そこで注目されているのが、熱を遮断する機能に優れた遮熱カーテンを使う方法です。
従来通りのカーテンを使っていても、多少の効果は期待できますが、持続的に節約を実現することは難しくなります。
そのために、遮熱カーテンを使う方法が注目されて、省エネ時代の中で欠かせないものとなっているわけです。

遮熱カーテンを使うことによって、夏の強力な太陽光線は遮られ、室内の冷房効率が向上します。
遮熱カーテンを取り付けるだけで、冷房の温度を少し上げても不快感がなくなり、快適な室内環境が保たれるようになります。
単純に太陽光を遮るだけでなく、目には見えない赤外線も通さないですから、体感的な涼しさも違ってきます。
赤外線を遮断しながらも、部屋を明るくするための光は通すため、室内が極端に暗くすることもありません。

遮熱カーテンは夏に役立つだけでなく、冬にも重要な役割を担います。
冬の時期には室内の暖かさを保ち、外側の冷気を遮断してくれます。
冬には暖房効率が高まることで、結果的には年間を通して電気代が節約できることになります。