マンションリフォーム 横浜の中山建設で職人がつくる無垢の木を使った心地よい住まいのリノベーション


住まいのリノベーションでも、無垢の木を使うことで心地よい住まいを造ることができます。
マンションリフォーム 横浜の中山建設はリノベーションでも職人による丁寧な仕事をします。
リノベーションは単なるリフォームとは違い、住まいのあり方をより良いものに変えることに意味があります。
住宅の内部に人工的な材料ばかりを使っていたのでは、本当の意味で人間の住む家ではありません。
人間が住む以上は、住宅の内部に使う材料は呼吸のできるものでなければなりません。
無垢の木は表面だけを見たのでは合板との違いがわかりません。
何年も材料を使い込むことで、無垢の木と合板との違いが鮮明になります。
合板は表面だけがきれいな化粧材で、内部はただの合板です。
無垢の木は全てが本物の木でできています。
使い込むほどに味わいが出て、愛着が湧いてきます。
無垢の木にも弱点はあります。
冬場と夏場で収縮の度合いが違うので、冬場の施工では寸法いっぱいに、夏場の施工では寸法に少し余裕が必要です。
だれにでも施工が可能ではなく、職人の熟練した技が必要となります。
中山建設のかかえる職人は、熟練した技を使い、心地よい住まいを造ることができます。
リノベーションにおいては、無垢の木をたくさん使うことでマンションを蘇らすことができます。
建築基準法による内装制限がある場合でも、床材は全て無垢で施工することが可能で、壁の仕上げも一定の高さまでは無垢の木を使うことができます。